fbpx

起業コンサルでドツボにはまる前に

起業 起業

僕は起業をしたい人にコンサルティングもしています。ただ、起業をノウハウ化してこれをすれば成功できるという成功法則のようなものの提供はしていません。それは起業をするのに法則のようなものは無く起業での成功に再現性はないからです。

ネットにある起業情報の信憑性

ネットを見ていると起業に関する情報商材のようなものが割と見つかります。

それらのセールストークは簡単で誰にでも出来ると言っているものがほとんどです。
このHPでも起業についてコンサルはしていますが、起業のノウハウを販売するようなことはしていません。

あれをすれば成功する、これをすればうまくいくっていうのは基本的にないと思っています。もし誰でもできるので有ればみんなうまく言っているはずです。

マネるだけでうまくいくのなら成功できていない人は何なのでしょう。
言われたことをやらなかったからでしょうか。
ノウハウの提供者は書いてあるとおりにやらないからだと言うでしょう。

起業がベストの選択か?

最近では起業のハードルが下がっていることは間違いありません。

起業を考えている人に水をさすようですが、起業をして自分でビジネスをすることが誰にでも向いているかと言うとそうでは無いでしょう。
自分の好きなことで、得意なことで起業しようという言葉をあなたも聞いたことがあるかもしれません。

でもそれで本当にうまくいくのでしょうか。
起業そのものは難しくありません。

○○コンサルだとか〇〇マーケターとか肩書をつければ明日から個人事業者です。
手続き的には税務署に開業届と青色申告の手続きをするだけです。
しかし、本当に大変なのは起業してからです。

自分の好きなことで本当にうまくいくのか

自分の苦手な分野や好きでも無い分野でで起業することはおすすめ出来ません。
当然いやいや運営をすることになるのでなにかしんどいことが起きた場合やめたくなるでしょう。

では自分の好きなこと、得意なことでの起業はどうでしょうか。
嫌なことをするよりはマシだと思います。

ビジネスする上で一番大事なこと

でもビジネスをする上で一番重要なのは市場があるかということです。
需要がないところでいくらやっても反応も返ってこないでしょう。

たまに何をやってもうまく天才肌な人はいますが、まれなことですし、そういう人はすでに自分の好きなことで成功しているのでは無いでしょうか。

成功にノウハウはありません。

再現性のない、法則のないのが起業です。
やってみるまで、それがうまくいくかはわからないのです。

同じコンテンツでビジネスをしていてもいろんな要因でうまくいくところとうまく行かない所に差がついてくる。

売れてるパン屋があるのに売れてないパン屋があるのは何故か?
行列のできるラーメン屋があるのに、お客の入っていないラーメン屋があるのは何故か?

コンビニだって同じ名前で品揃えも変わらないのにお客さんが入っている所と入っていないところがあリます。
人の多そうな都会に出しても潰れるところもあれば、人通りが少ない田舎にあっても潰れないところもあります。

要因は様々でこれを一般化してノウハウにすることは出来ない
だから、これをすればうまくいくなんて方法はありません。

成功するためのノウハウが、さもあるような文章で釣って約にも立たない情報を買っても結局何も出来なく終わってしまう。

起業のハードルが一番高いのが最初の一歩を踏み出すこと

結局起業と言うのは市場に合わせて自分をカスタマイズしていくしかなくって、その作業を地道にやっていけるかが起業できる化出来ないかの分かれ道になる。
これが出来ないといつまで経ってもやりたいだけの願望で終わることになります。

リスクが怖いなら今の仕事を続けながらやればいいし、空き時間の範囲内でできることを考えてするのがいいと思います。

今では副業も当たり前なので副業的にでできるスモールビジネスから始めてみればいいのではないでしょうか。

今日はじめて明日、明後日に成果が出るなんてことは、ほとんどなく、よっぽど天才的な人か特別なコンテンツを見つけられた人だけです。

一定の成果が出るまでには最低半年はかかると思ったほうが良いです。

逆に半年立ってもなにも進んでないようなビジネスは需要が無いのでやめたほうがいいとも思います。

僕のコンサルティングは必ず話を聞いてから入ります。
なぜ相談から入るのかと言うと、あなたの考えを聞かない限り何もアドバイス出来ないからなんですね。

僕が起業のコンサルする理由

起業しての成功に法則性がないことは話しました。
では何をコンサルティングするのでしょうか

コンサルの役割とは、あなた自身が動きやすくなるために支援をすることです。
考えの深いところを引き出し、まとまらない考えをまとめられるようにすることです。

そして、何をすれば失敗するのかを
失敗のリスクを極力減らすには、失敗の経験から学ぶしかありません。

でも失敗はしたくないですよね。
ですからたくさんの失敗を経験してきた人から、何をすれば失敗するかを学びながら起業するのです。

リスクを取らないと成功できないのか?

リスクを取らないと成功できないという人がいますが 本当でしょうか。
会社員としてためてきたお金をリスクを取って起業の資金に回す。
リスクを恐れず挑戦した結果思うように成果が出ない。

起業家はチャレンジはしますがリスクを取るようなことをしません。
それはリスクの考え方が違います。
リスクを取ると言うのは機会損失を避けるためです。
はじめるリスクより、なにもやらないリスクの方が大きいときに初めてリスクを取って動きだすのです。

起業を考えたときに今の状況のままでは出来ないのでしょうか?
今の会社で働きながらでは出来ないのでしょうか。

もし、勤めながらの起業で、睡眠時間が減るから、阿蘇時間が減るから、家族と過ごす時間が減るからと時間が取られることが嫌なら起業はやめたほうがいいです。

おそらく起業して1人でビジネスをするには向いていないでしょう。
起業の初期段階で投資出来る資本は時間しかありません。

起業する前に考えなければならないこと

では起業を思い立ったときに何から始めればいいのかをお伝えします。

  • 自分の出来ることの棚卸しをする
  • どんなビジネスをするのかを決める
  • 市場があるのかを調査をする
  • ニーズが有るのかを調査する
  • 絞り込む
  • 起業の方法を考える
  • どのくらいの資金を準備できるのか
  • どのくらいの時間を当てられるのか
  • 自分のやりたくないことを明確にする

ここまでやって自分でもなにか出来るかなと思ったらつぎのステップに進んでください。


タイトルとURLをコピーしました