CSRとはなにか

LINEで送る
Pocket

1 CSRの基本について

CSRはCorporate Social Responsibilityの略で、企業の社会的責任と訳されます。

CSR元年と呼ばれた2003年から大手企業をはじめとする多くの企業に浸透しています。

CSRというと、大手企業が本業とは別に社会貢献活動をすることと思われがちですが、企業が社会に対して取る基本姿勢(ミッション)であり、経営戦略であると考えます。

2015年にSDGsが国連で採択され、世界的な取り組みとして共通言語となった今、CSRは過去のものと考える経営者もいるようですが、SDGsはCSRに置き換わるものではなく、CSRという基本姿勢の上に成り立つものです。

LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ記事

地方起業

CSR/SDGs

プログラミング

ニュースレターを購読する

地方を元気にする情報をお届けします。 無料ニュースレターに登録してください。

ページ上部へ戻る