ソーシャルデザインって何?

LINEで送る
Pocket

ソーシャルデザインとはなんでしょうか。

簡単に言うと社会への貢献(社会問題の解決)を前提にしたデザインのことです。

社会への貢献というとボランティアをや企業がやっている環境保護などを思い浮かべる人も多いと思いますがそれだけではありません。

社会にはまだまだどう手をつけていいのかわからない問題があります。

その問題を課題と捉え目に見えるようにし、課題の解決のためには何をどう設計(デザイン)すればいいかを考える一連の流れをソーシャルデザインと呼んでいます。

そして実際の活動をビジネスとして行うことを、ソーシャルビジネス。それを実行する起業家がソーシャルアントレプレナーです。

社会の問題があることは知っていても、あまり身近に感じることがなかったり、遠い国の話だったりするので普段は意識することも少ないかもしれません。

近年ではそのような課題を解決し持続可能な社会を作っていこうとするSDGsが国際社会で合意され、個人のレベルで取り組むことも増えてきました。

一度は聞いたことがあるかも知れません。
SDGsに関してはこちらをどうぞ。

SDGsについての記事

SDGsに関して色々見ていくと実は身の回りにもいろんな問題があることに気づきます。

特に地方は人口の減少を始め、少子化や高齢化、交通の問題、空き家の問題、経済の問題、教育の問題など数々の問題があります。

それらの問題は最初の設計が時代に合わなくなっていたり、規制があるためにできないこともあったり困難なことが多いです。

だから後回にされているような問題も多々あります。
問題を新しくデザインし直し解決していく仕組み(ビジネス)を作っていくことが大きなチャンスにつながります。

まずは身近な問題を観察し、なぜ問題が起こるのかを発見しましょう。

そして、課題の解決すべく行動することにチャレンジしましょう。

ソーシャルビジネスに興味がある、社会のために何かをしたいと思っている方の無料相談を受け付けています。
こちらのフォームから送ってください。

無料相談フォーム

LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ記事

地方起業

CSR/SDGs

プログラミング

ニュースレターを購読する

地方を元気にする情報をお届けします。 無料ニュースレターに登録してください。

ページ上部へ戻る